ポーランドの斬新過ぎるウェディングフラワーアレンジメントたち

<スポンサーリンク>


お花屋さんに行く機会があり、店舗においてある雑誌を参考にしようと見させてもらったときのことです。
ブライダルフラワーの特集がされているこの雑誌、素敵なものも勿論あるのですが、それ以上に奇抜…というか、トンデモないデザインもあったので写真を取らせてもらいました。

モードっていうか、先端を行き過ぎていて、結構度肝を抜かれました。一応ブライダル特集…。

シースルーのドレスに、目隠しするための花がアレンジされているデザイン。左は刃物でも刺さっているかのような…

サンバカーニバルに出てしまいそうな勢いですw
もう花なら何でもいいんでしょうか。

そして極めつけは、これ。日本人として随所に突っ込みポイントがあることは否めません。ポーズも間違っているし(日本がこの形の挨拶をすると勘違いしている欧米人多いです。あれ、なんででしょうね?)、着物も間違っているし、フラワーアレンジメントも違うっっ!でも面白いからいい!(笑)

ショーパプのダンサーさんでしょうか。何度も言いますが、ブライダル特集です。

ポーランド人に聞いたところ、勿論これらは普通じゃないそうです。ああ、良かった。ただ、結婚式ではどうかと思うけど、パーティーとかなら面白いんじゃない?斬新で新鮮よね、と。ええ、そうですか…。
海外のフラワーアレンジメント雑誌を見たのは初めてだったので、ポーランドにのみこの傾向があるのか分かりませんが、実際に活かされていない事を密かに願うばかりです(笑)。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です