ハムやソーセージを直接冷蔵庫へ入れるポーランドの習慣

<スポンサーリンク>


ラップに包みもせず、お皿にも載せず、裸のままのソーセージやハムを冷蔵庫の棚に置くポーランド人…。ポーランド人とお住まいの方、いかがですか?お宅では直接置いていますか?
初めてそのまま冷蔵庫の棚に置かれている裸のソーセージやハムを見た時の衝撃といったら…!
日本ではなんでもラップで包むか、保存容器に入れて、外気に接さないように保管するのが当たり前だと思って生活していたので。いや、一歩譲って包まないとする。だけど、直接冷蔵庫の棚には置きませんよね?いや、置きたくない…(笑)。
私の家族だけかと思っていたら、どうやら普通の行いのようです。でも、冷蔵庫の棚を頻繁に清掃している感じもないので、やっぱりまだ馴染めない…というか受け入れがたい…。
綺麗好きとは到底言えない私でも引くくらいなので、綺麗好きの方にとっては悲鳴物ではないかとお察しします。

我が家では私の小さな抵抗として、ハムやソーセージはお皿においてから入れてます…
(汚い冷蔵庫をお見せして失礼しました)

何故直接置くのかというと、ソーセージやハムは何かで包んだり、容器や袋に入れたりすると、水蒸気が周囲についてしまいそれが腐敗の元になって滑りが出てしまうからとか。とはいえ、極度に乾燥している冷蔵庫内ですぐに表面がカピカピになってしまうと思うのですが、すぐに食べ終わってしまうので問題ないのかもしれません。
(ポーランドではハム、ソーセージはメインの食材なので)
100歩譲って、私はお皿の上に乗せてから冷蔵庫に入れています。小さな抵抗です(笑)。お母さんが遊びに来たときは、いつの間にかハムがそのまま棚に置きなおされていることもありますが(笑)。

冷蔵庫の棚を頻繁に消毒するならいいんですが、私にとってはいつまでたっても馴染めそうにない習慣の一つでもあります。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です