プロパガンダアートを集めた社会主義美術館

<スポンサーリンク>


週末ルブリン近郊へ旅行した際、宿泊先の近くに大貴族の宮殿があったので立ち寄ってきました。
一行は皆この辺りは初めてという事で、皆で見学です。宮殿の見学内容についてはまた別記事でお知らせしたいと思います。

宮殿の敷地内には、社会主義時代のプロパガンダアートを集めた、その名も「社会主義美術館(Galeria Sztuki Socrealizmu)」があり、かなり興味深いものだったので紹介したいと思います。

場所は、ルブリンから車で30分程離れたKozłówkaという街にあります。周囲に宮殿以外特に何もなく、普通の田舎の住宅街の中に見つけることができます。
私は車で行ったためよく分からないのですが、公共交通を利用すると中々不便そうな場所ではあります。美術館のアクセス案内にも、GPSの記号が書かれているだけで公共交通の案内は出ていません(苦笑)。

社会主義美術館の入口。外から見ると普通の素敵なヨーロッパの建物。

ポーランドが社会主義国家だったのは1989年まで。体制変換後、全国各地に設置されていた共産主義指導者たちのモニュメントや肖像画などがこの美術館に集められたようです。中にはポーランドを代表する芸術家の作品もあり、プロパガンダアートという理由で過小評価されている作品が多くあると聞きます。一応アートを生業としているパートナー曰く、プロパガンダに使われていたとはいえ、体制が変わったからという理由でアートとして興味深い作品が破壊されずにここに運ばれて日の目を見る機会があるのはいい事だ、とのこと。
社会主義を経験していない日本人の私にとっては、これらプロパガンダアートは全く別の世界。恥ずかしながら大分ミーハーな気分で楽しませていただきました。
ポーランド人からしたら過去の暗い時代が思い出されて面白くないのかもしれない、と思っていましたが、ファインアートとして有名な作家の作品も多いので、普通に楽しめていたようです。

館内は小さな展示スペースなので、じっくり見ても20分ほどで終了するかと思います。
入るとすぐ目に入るのが、小さな木製の机。社会主義時代に小学校で使用されていた机をそのまま展示しているそうです。
一緒に旅行したポーランド人は、皆この時代に小学校生活を過ごしている為「わー、懐かしい!これこれ。この机で勉強したわー!」と大盛り上がり。

「敵はコカコーラで誘惑する」と書かれたプロパガンダコピー

実際に小学校で使われていた木製の机。机板の部分が蓋になっていて、中に物を入れることが出来る。

その後、受付のおば様がおもむろに館内音楽を流し始めると一同大合唱。元々は19世紀末期にフランスで作られた社会主義、共産主義の曲のようですが、社会主義時代のポーランドで最もポピュラーだったそうで、日々の生活の中でいたるところに流れていたため多くの人が未だに覚えているのだとか。お腹がよじれるくらい大笑いしました。動画でお見せできないのが残念ですが、youtubeに元の楽曲がありましたので、気分だけでも味わってみてください。

また展示作品の中で目を引くのが、当時のプロパガンダポスター。赤が目に眩しいです、痛いくらい。こうしてみると、赤は人を高揚させる力のある、とても強い色ですね。時代が見て取れます。

柱上にはスターリンの肖像がデザインされたポスターも。

共産主義色の濃いデザインが並びます。

PZPRとは、社会主義時代のポーランド人民共和国に存在した政党、ポーランド統一労働者党の略称。

農業改革に関する投票で賛成票を投じるよう呼びかけているポスター

また、ポーランドのみならず、世界の社会主義国家の指導者の彫像や肖像画も展示されていました。

右側には金日成…!

レーニンとスターリン。

レーニンの背後のグラフィックデザイン、以前にも見たことがある気が。これ本当にかっこいいです。(かっこいいとか言っていいのかよく分からないのですが)。レーニン像は、ポーランドの代表的な彫刻家Alita Szapocżnikowの作品。

また、人々を鼓舞する作品の数々も。

戦う市民

農業を推奨する、健全に働く婦人たちを描いた絵画など。

レーニンは至るところに。

美術館の外には当時の指導者たちのモニュメントがずらり。左側がレーニン、右は…?

レーニンを模したろうそく。怖くて火をつけられない(苦笑)

ポーランドの彫刻家Magdalena Więcekの作品。同じ作品のブロンズ像が中庭にも展示されています。

このような社会主義時代の政治的なアート作品を集めた美術館はあまりないので、時代を知る上でも大変興味深いですし、隠れた(?)ポーランド現代アート作家の作品を鑑賞することも出来とても良かったと思います。
車がないと行きづらいとは思いますが、もしご興味がある方がいらっしゃれば是非一度足を運んでみてください。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です