旅の書類整理にオススメしたい、リヒトラブ(LIHIT LAB.)のキャリングポケットが便利!

<スポンサーリンク>


皆さんは旅行に必要なパスポートや印刷したe-ticket、またホテル予約のバウチャー等々、これら書類等はどうやって持ち運びをしていますか?恥ずかしながら、私は整理整頓が得意ではなく、昔からよく大事な書類等をどこにしまったか忘れてしまい鞄をひっくり返すタイプでした。特にバックにポケットが沢山あったら大変です。どのポケットに何を入れたかすっかり忘れてしまっているので、がさごそと鞄を漁っては周囲にお店を開く羽目になる事多々。必要なものをちゃんと整理できるパスポートケースやトラベルケースがあったら便利だろうなぁと随分色々捜し歩いておりました。

そんな私が今絶大な信頼を寄せている、旅行用の書類ケース「リヒトラブ(LIHIT LAB.)キャリングポケット」をご紹介したいと思います!これを手に入れから、旅に必要な書類やパスポートが鞄の中で紛失することもなく、いつでもさっと取り出せるようになって、物の管理が簡単になりました。私のように整理整頓が得意でない方には特にオススメしたい一品です。

カラーリングがおしゃれ

こちらのホルダー、PP素材を使用したしっかりとした作りの上、カラーリングの展開がおしゃれで見た目も中々。通常のPP素材のファイルだと色合いがイマイチなものが多かったように思いますが、こちらは定番の渋い色から鮮やかな原色まで色展開が豊富です。5色展開なので、各色購入してそれぞれの色を家族で使うというのも有りですね。我が家では母がオリーブ色、私が紺、パートナーがオレンジレッド(?)を使用しています。

各種ポケット機能が秀逸

このキャリングポケットには各ページにそれぞれ異なるポケットがついています。

各ポケット機能の説明


①1ページ目 カード、パスポートポケット

私はカード入れ部分に健康保険証や滞在許可カードを入れています。(マイレージカードはスマホのアプリに登録しているため持ち歩く必要がない)

②2ページ目 チケットポケット 

チケットポケットが両側に。発券したチケットや、プリントアウトしたホテルのバウチャーを入れています。

③3ページ目 

左側はチケットポケット、右側は地図を入れるポケット。正直、この地図ポケットは殆ど使ったことがありません…グーグルマップに頼ることが多く、紙の地図を入れることが殆どないので。
チケットポケットには、もしもの時のためにポーランドでの婚姻証明(パスポート上と名字が異なるため)のコピーを入れて持ち歩いています。

④4ページ目

こちらはフタ付のポケットになっています。ここには、もしもの為のパスポート用写真、切手、旅先で使う外貨、SIMカードホルダーを開けるためのクリップを収納。
その他にも細かいもので紛失したくないものはここへ。

とにかく安い

定価は400円(税別)ですが、Amazonでは300円以下で売ってます!しかもとっても丈夫なので長持ちもします。コストパフォーマンスが高いです!
私は2年以上使用していますが、外側ケースも欠けることなくそのままですし、各種ポケットも破れることなく使えています。私の場合、旅行だけではなく普段から持ち歩くことが多いため使用頻度は多いにも関わらず。

amazon.co.jp 購入ページ

軽くて薄く持ち運びに便利

男性なら上着の内ポケットに入れて携帯できるサイズなので、海外旅行でスリなど気を付けたい時にも役立ちますし、女性の場合でもショルダーバッグに入れられる大きさなので、長財布が入るカバンなら問題なく携帯できます。

出典:LIHIT LAB.公式ホームページ

まとめ

旅に行くとどうしても色んな書類や紙ものが増え、とかくゴチャゴチャしてしまいがちです。もし書類やパスポートの収納で困ったことがあれば、是非物は試しでこちらのケースを使ってみてください!
私の知人のポーランド人も、私が使っているのを見て欲しくなったようで、帰国時のお土産リストに追加されました(笑)。

皆様もリヒトブのキャリングポケットで快適な旅を!

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください