ポーランドプロバレーボール PlusLiga観戦記 GKS Katowice VS WARTA Zawiercie

<スポンサーリンク>


2019年1月16日にKatowiceで行われたGKS KatowiceAluron Virtu Warta Zawiercieの試合を見に行ってきました。

日本代表リベロ古賀太一郎選手が所属するZawiercieは、今回の試合直前のデータではリーグ6位、対するGKS Katowiceはリーグ7位と順位は拮抗しているチームです。

古賀太一郎選手所属チームZawiercieのチケットはアウェイが取りやすい

Zawiercie(ザビエルチェ)も行けない距離ではありませんが、Katowice(カトヴィツェ)のほうが居住地に近いのと、今回の試合会場が国内でも有数の大きさを誇るSPODEKという大きなスタジアムで試合のチケットが取りやすい、と思い迷わず決めました。事実、試合のチケットはかなりあるようで、試合日の5日前でも問題なくチケット購入完了。ちなみに当日券も販売していましたので、直接現地で購入することも可能なようです。

なお、平均的に試合日の10日前~1週間前くらいにチケット販売が開始されます。基本的にホームチーム側でチケットが販売されるため、各チームにより購入方法は異なってきます。今回はサッカーチームも要するクラブのチケットサイトだったため、アカウント登録に際しPESELと呼ばれるポーランドで発行される社会保障番号(住基カードみたいなもの)の登録が求められました。ポーランドではフーリガン対策のため、サッカークラブチームのチケットは身分保障できるものがないと購入できないようになっているためです。

幸い私は保有しているため問題ありませんでしたが、外国人が登録する際にPESEL無しでも買えるかについては確認する必要があると思います。

なお、購入したチケットはPDFファイルとなっており、印刷したものを会場へ持っていきます。スマホの画面でバーコードを見せるだけでも大丈夫かもしれません。バーコードをカードで読み取られた後、ボディーチェックがありました。(Zawiercieではありませんでした。もしかしたら、グダンスク市長襲撃事件を受け慎重になっていたのかもしれません)

★GKS Katowiceチケット購入は公式サイトから(要登録) CHECK!

以前もお伝えしましたが、Zawiercieのホームゲームは小さなスタジアムで行われる上、地元サポーターが熱くチケットを手に入れるのはかなり至難の業。多分地元ファンは年間パスを買っている人が多いのでしょう。皆さん手元にはカードを持って入場しています。Zawiercieの試合を見るためには、アウェイゲームのほうがチケットが取りやすそうです(笑)。

夢の日本人対決!ポーランドプロバレーボール古賀選手VS柳田選手

2019-01-09

ポーランド プロバレーボールリーグ PlusLigaを見に行こう!

2018-10-03

ポーランドで活躍する日本人 バレーボール 古賀太一郎選手

2018-01-12

GKS Katowiceはバレーボールチームの外にも、ポーランドクラブリーグ1部に属するサッカーチームもあることから、地元ファンの多くはサッカーへ流入しているかも、という可能性も考えられます。そのためか、チケットも入手しやすかったです。

バレーボールもかなりの人気競技ですが、どうしてもサッカーに比べると若干弱い、という印象が。Zawiercieには上位リーグのサッカーチームがないため、よりバレーボールにファンが集中しやすいという環境が影響しているかもしれません。チームにとってはいいことですよね!とにかくZawiercieファンは熱いですから。

Katowiceへのアクセス、街について

別途Katowiceの紹介記事を作成しました。関連記事をご覧ください。

ポーランド都市の紹介 -KATOWICE(カトヴィツェ)編-

2019-01-19

会場のSPODEKについて

会場となるSPODEKはポーランド有数のスタジアムであり、多くの国際試合もここで行われています。私自身は2016年に行われたバレーボール男子ヨーロッパ選手権の試合をここSPODEKで観戦しました。確かヨーロッパ選手権にも関わらず、チケットがやはり激安で20zl(約600円)もしなかった記憶が…。

SPODEK内部はこんな感じです
出典:GKS Katowice公式サイト

会場内部には軽食を販売しているスタンドがありますが、数があまり多くなく、基本いつも行列ができていました。コーヒー、炭酸飲料、ホットドッグ、スナック菓子等を買うことができます。1セットごとに短い休憩時間があるので、その時に買いに行く人が多かったです。

ポーランドプラスリーガ当日の試合の様子

さすが、大きなスタジアムだけあって、VIPやプレス、一般のファン等々で入場口を分けています。当日券の販売は試合開始前の3時間前である17:30から、入場開始は1時間前の19:30からです。SPODEKはKatowice駅から徒歩10分程度と近く、移動も便利な場所にあります。街の中心地に近いこと、ショッピングセンターが近いことから、夜遅めの試合でも街中で十分時間をつぶせるかと思います。

前回、日本人対決を観戦に行ったときに一眼レフを忘れて後悔しましたので、今回は忘れずに準備。チーム専属カメラマンの方ほどいい写真は撮れませんが、会場の雰囲気が分かる写真をいくつか撮影してきました。
試合開始前、先日暴漢に襲われ命を落としたグダンスク市長を偲び黙祷がささげられました。

グダンスク市長刺殺事件に対するポーランド国内の反応

2019-01-15

メディア席には多くの記者が。
ここから速報などが伝えられていきます。

会場ではDJ?がアナウンスをして試合を盛り上げます

毎度おなじみ(?)Zawiercieのゆるキャラ。
本日はピエロギ君はお休みでした。

天井に大きなモニターが設置されており、アップの映像も見れます

いつも暑い応援をするZawiercieのファンクラブのサポーターの皆様。
今回もアウェーの試合であるにもかかわらず、まるでKatowiceがホームであるかのような熱の入った応援っぷり。彼らの応援を見るだけでも十分楽しめるくらいです(笑)。勿論今回も試合中一度も休まず、立ちっぱなしで応援。ZawiercieからKatowiceまでは車で40分ほどという事もあり、多くのファンが来ていました。会場外の駐車場には、なんとこのファンクラブの専用バス(ちゃんとオリジナルラッピング塗装がされている!)が止まっており、さすがZawiercie、と納得です。

★本ブログのTwitterにファンクラブの応援動画を投稿しましたのでご覧下さい

試合後、Zawiercieは負けたにもかかわらず、最後まで歌を歌ったりエールを送ったりしてチームを応援。選手も観客席に向けて感謝の拍手を送っていました。いいチームですね!

試合結果

残念ながら、0-3でZawiercieがストレート負け。なかなかKatowiceからリードを奪えず、残念な結果となりました。今回の試合結果を受け、現時点(2019年1月17日)におけるZawiercieの順位は6位と変わらず。シーズン終了後のプレーオフ進出への望みはまだ繋がっています。今後の試合は是非いい結果を残し、余裕でプレーオフ進出できることを願っています!

試合のダイジェストについては以下をご覧下さい。

★試合のダイジェストはこちらから CHECK!

ポーランドプロバレーボールリーグを見に行こう!

とにかくポーランド国内ではバレーボール人気が日本の比ではなく、その盛り上がり方も熱が入っています。テレビで観戦するよりも断然スタジアムで観るほうが迫力もあって楽しい!そして、昨年世界選手権で優勝したポーランドの世界トップレベルの選手たちのプレーが間近で安く(これ一番大事!)見ることができます。

是非ポーランドの地でホットドックを片手にバレーボール観戦を楽しんでみませんか?

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください