ジェロナ グラのトホホな野外インスタレーション

<スポンサーリンク>


ワインの産地としても有名なポーランド北西部の都市Zierona gora(ジェロナグラ)に関して、なんともポーランドらしいトホホなニュースが。

ジェロナグラ市では、街のシンボルとなる野外インスタレーション「I♥Ziero Gora」を公園に設置すべく計画を進めていたそうですが、途中で何度も計画が変更になった上に(ここらへんはポーランドあるある。私のパートナーも何度もそれで仕事上痛い目にあってます…)、最終的に予算が足りずに「I♥Ziero Gora」の「Gora」部分が設置できずに終わってしまったそうです…(苦笑)。

ニュース参照元:“I love Zielona” ma być wizytówką miasta. Na “Górę” zabrakło pieniędzy

出典:wyborcza.pl

Gora無しだと「I Love Green」という意味になるので、それはそれで意味が成立しますが(笑)なんともトホホですよね。といか、そもそも計画通りに出来なければ、中途半端に設置せずに中止にすべきだったのでは、と日本人の私は思ってしまいます。見切り発車のまま、最終的にどうにかできるだろうと思ってどうにもならなかった典型的なパターンですね。

計画上では、アムステルダムのような街のシンボルとして、訪れた人がセルフィーを撮影してinstagramに投稿する効果(宣伝効果)を期待していたようですが、これでは本末転倒。そもそも街の名前が完結していませんから。

ちなみに、「love」部分のハートは、本来はワインのボトルからワインが注がれるデザインを計画していたそうですが、それが緑色の葉を模したハートに変わったり、かなりの妥協と変更を経たにもかかわらず完成しなかったわけです、予算不足で。どうなっているんでしょうね、本当に(笑)。

一緒にニュースを見ていた家人のポーランド人ですら苦笑するという、それでも非常にポーランドらしいニュースでした。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください