日本では何故セントラルヒーティングが普及しないのか問題

<スポンサーリンク>


ポーランドに住み始めて早1年。
8月の終わりとともに夏があっという間に終わり、気づけばもう秋...(というか冬?)。
9月中旬には、地域暖房に加盟している住宅、アパートへの温水供給が始まったとお知らせがありました。

miszka
地域暖房とは、各家庭が個別に暖房設備を設置する代わりに、熱供給網(温水パネルが一般的です)を建物内に設置し、熱供給源会社から温水や蒸気の形で熱を受け取り使用する暖房システムのことです。地域で一括管理しているため、外気温が一定程度まで寒くならないと開始されず、開始前に寒さを感じる場合は自前の暖房で賄わなければならないというデメリットも。

★一般的には、次のような暖房方法がポーランドではメジャーだと思われます

①地域暖房のセントラルヒーティング(集中暖房)を利用する(集合住宅、都市部などに多い)
②建物内にあるボイラーでセントラルヒーティング用のお湯を温め循環させる(単独住宅に多い)
③石炭ストーブで暖める
④薪ストーブで暖める
⑤電気ストーブを各部屋で使う

私が居住しているアパートも地域暖房に接続されているため9月の時点で暖房を使用することが出来ましたが、有難いことに機密性の高いこの建物ではあまり寒さを感じず、10月中旬になって初めてスイッチを入れました。(日中最高気温が10℃前後でした)
ここでは温水が供給されており、通常使用しているお湯もこの会社からパイプを通して配給されているもので、建物内のボイラーで暖められているのではないそうです。知らなかった...。

ストーブのように空気を汚すことがなく、じんわりと部屋全体を暖めてくれるためとても快適です。部屋のどこにいても暖かく、ストーブのように局所的に暑過ぎるという事もありません。一方で、とても空気が乾燥するため、乾燥になれていない日本人は一発で気管支をやられる可能性も高いです。私も然り...。

料金体系
基本料(接続料) ㎡×0,69zl(税抜)
使用料      GJ×38,38zl(税抜)

私のフラットは51,52㎡なので、基本料は112.35zl(税込)。使用量は概算値(2,38GJ)で計算されており43,73zl(税込)。合計156,08zlを毎月収めています。
こういった生活にかかる光熱費等は、毎月の家賃と一緒に概算値を前納しており、年に数回の清算時に実際の使用量との差額を計算し、使用量が少なかった場合は返金してもらえるシステムです。
(契約している建物の管理組合や大家さんによって清算方法は異なると思いますので、あくまでも参考です)
実際、結構な金額だと思います。夏の間はほとんど使用しませんし、ポーランドの平均的収入から考えても中々にべらぼうなお値段...。
ただ、供給会社と直接契約しているわけではなく、アパートの管理会社が間に入っているため、もしかしたら一部上乗せされているかもしれない、と家人。
このアパートに越してきてからまだ清算時期を迎えていないため、実際どうなのかはまだ分かりません。想定以上に暖房を使っていませんし、返金されることを期待しているのですが、どうなることでしょう。楽しみです。

地域暖房を供給する会社について、youtubeに工場内の設備を紹介する動画があったのでご紹介します。
この地域では、かつて数十箇所にあった地域暖房の供給源を1箇所にまとめ、効率よく供給できるように近代化したそうです。また、会社ではありますが、実際の株主はほぼ自治体であり、実質自治体が運営しているといっても間違いはないかと思います。

本題。日本では何故セントラルヒーティングが普及しないのか問題

ポーランドに来てから散々からかわれた(ディスられた?)ネタが、この「日本では何故セントラルヒーティング(集中暖房)がないのか」ということです。
ポーランド人からしてみれば、日本は未だに経済大国であり全てが発展しているはずの先進国である、というイメージを持っており、よもやそのような先進国で人々が冬の間「寒い寒い」を連発しながら家の中で震えているということが信じられない、を通り越して、ギャグなのではないかと思ってしまうほどだとか。
家人のポーランド人が日本未経験の友人にこのことを話すと、初めは誰もが「いやいやいやいやご冗談を!」と信じてくれなかったとか(笑)。
そのような訳で、事あるごとに皆に聞かれるんです。何故なのか?と。
いや、もう相当いじられて馬鹿にされまくってます、実際は(笑)。

私もポーランドに住むまではセントラルヒーティング(集中暖房)のことなど考えたこともなかったため、皆を納得させられる理論武装ができておらず、しどろもどろでいい回答が出来ませんでした。皆さんは考えたことありますか?
インターネットで調べ、なんとか自分なりにこうではないか、と納得した理由がこれ。

miszka
日本は湿度が高く、昔からいかに湿度を下げて夏を快適に生活するかが住居を立てる上での最重要課題であった事と、日昔から局所暖房、居間(リビング)や寝室等、人がいる所だけ暖める事が一般的だったため、建物全体を暖めるという発想が希薄である。また、日本では「我慢は美徳」、「暖房はもったいない」という意識が高く、家全体を暖めることはせず、ファンヒーターや石油ストーブを使用して局所的に暖房する事が当たり前と思っているのではないだろうか。

(本音「そんなこと考えたこともないよ!だってセントラルヒーティング(集中暖房)って概念がないんだもの!w」)

ちなみに、なんとか私がひねり出したこの考えも、ポーランド人を100%納得させるには至っておりません(笑)。
実際私の実家は超寒いです。というか、日本のストーブでは部屋の空気が汚れて長時間温めると具合が悪くなるのと息苦しくなるため、寒いくらいのほうが丁度いいと思っている、寒いのは我慢するもんだという日ごろの修行の成果があるのかもしれません(笑)。また、そうは言っても日本は日当たりがいいので、日中であれば太陽光によって自然に部屋が暖まるという理由もあります。

セントラルヒーティング(集中暖房)が普及している国に居住の方なら、誰もが一度は馬鹿にされていると思われるこの問題。
理屈っぽいヨーロッパ人を説き伏せることが出来る、最強の理論武装をお持ちの方は是非コメント欄にてお知恵を貸してください!

※こちらの記事も合わせてご覧ください

ポーランドの家の暖かさの秘密

2017-12-23

<スポンサーリンク>



12 件のコメント

  • 地域暖房が日本で普及しない理由は、集合住宅へ熱を供給している地域暖房の多くが定額料金制をとっているからです。
    なぜ、日本の地域暖房が電気や水道、ガスなどのように従量制をとっていないかというと、集合住宅では住戸の位置や状況によって熱の使用量が異なる為です。
    どういうことかというと、集合住宅では最上階、最下階、両端の住戸は中央や中間階の住戸に比べ外部に接している面積が大きい為、中央、中間階よりも熱の使用量が多くなり、全戸を同じ室温にしようとした場合には最上階、最下階、両端の住戸は中央中間階の住戸の約1.2から1.5倍の熱量が必要となります。また、空室があった場合には空室の周囲の住戸から空室へ熱が流出することで空室の周囲の住戸の熱使用量が増加します。
    こういったことから、熱使用量の不均等をなくし、料金負担を全戸公平にするため定額制の料金を採用しているのですが、日本では定額制地域暖房への理解が浅くなかなか受けいれられていないのが現実です。理由としては、節約ができない、朝晩しか暖房を使わないのに同じ料金をとられるのはおかしい、使っても使わなくても同じ料金はおかしい。などです。最近では断熱材の性能も上がり、住戸の位置による熱使用量の不公平も無くなったことで従量制をとりいれる集合住宅も出来はじめています。

    • モノクロワンコさん

      専門的な解説ありがとうございます。なるほど、料金体系や国民性(節約好き、不公平さの不受容)が関係しているというのはとても納得できます。従量制、定量制という言葉も今まで意識して考えたことがなかったためとても勉強になりました!ポーランドで我が家に導入されているのは、従量制の地域暖房、ということになりそうです。
      とにもかくにも、寒い家屋での生活は体が常に寒さで緊張して疲れますし、室内での運動量も大幅に低下して不健康になってしまうので、いつの日か日本でもセントラルヒーティングが当たり前になる日が来るのを夢見たいと思います…。冬場の日本への帰省、思っていた以上に寒すぎてヤバイです(笑)。きっと私の実家が寒すぎるのでしょうが。

  • 私は理工系の学部を卒業後ゼネコンに勤めて昨年定年退職をしましたが、確かに日本の住宅事情はセントラルヒーティングの観点からは非常にお粗末です。今日はポーランド事情を読ませていただいて「そうだったのか」と学ばせていただきました。ありがとうございました。
     さて、確かに日本の住宅のセントラルヒーティングが普及しないのは事実ですが、これには夏が極端に蒸し暑いという気候風土にも原因があります。日本が近代化するまでは、「住宅は夏を旨とすべし」という哲学がありました。夏の暑さから逃れられるなら、冬は布団にくるまってじっとしていればよいという考え方です。しかもわずか2か月ほど足らずです。1月の末の大寒さえ乗り切れば2週間後に立春です。2月になれば確実に気温も高くなります。これは庶民はいうにおよばず支配者階級もそうでした。ですから中国や朝鮮半島では当たり前のベッドやオンドルでさえ普及しませんでした。ちなみにここで日本といっているのは奈良や京都に都がおかれた関西のことです。中世以降の贅を極めたお城でさえ木造でした。ヨーロッパで一般的な組石工法が発展しませんでした。しかし明治以降に開拓された北海道などは別で、北海道では「住宅は冬を旨とすべし」でセントラルヒーティングが初期のころから計画されてきました。やはり気候風土が大きくかかわってくるのでしょうか。

    • 住宅に対する日本人の基本的な考え方、確かにそうですね!
      私も布団に包まっていればいいという家庭で育ちましたので、ポーランド人に「朝になって鼻が冷たくなるのを感じて目が覚める」と話すと「またまた、冗談でしょ!部屋が氷点下なんて人間の住むところ?」と取り合ってもらえません(苦笑)。
      かつての都における考え方が多くの地域で浸透しているということでしょうか。とても面白いです。私の故郷は12月から3月まで冬が厳しい地域ですが、それでも北海道のように冬を基本とする住宅設計がなされていないのが悔やまれます。最近では断熱を売りにする住宅が増えて、新しい家はしっかりと暖かいようですが…。地域の歴史、発展時期によって住宅文化が異なる点、とても勉強になります。住宅を専門にしている友人にも是非この日本の事情を説明したいと思います。ありがとうございました!

  • はじめまして。
    かなり前、「彷書月刊」(現在は休刊)という雑誌で読んだ記事で、あまりに記憶が朧気で曖昧なことしか書けないのですが……
    大正時代、日本でもセントラルヒーティング普及の計画があったものの、それが進展する前に軍部が力を持ち、軍事費に巨額な国家予算が投入されるようになっていったため、国民の生活向上に関わる環境整備が大きく遅れることになった……
    そんな内容だったように記憶しています。
    古書の専門誌だけに、当時の資料を紹介しながらの記事だったと思うのですが、現在手元に本が無いため「たしかにそんなことが書かれていた」とは断言できず、甚だいい加減なコメントで申し訳ないのですが。

    • はじめまして。コメントありがとうございます。
      古書の専門誌とは、これまた面白い出典ですね。ご紹介ありがとうございます。
      時期的に丁度日露戦争終了後のあたりですね。軍が力を持ち始めて計画がとん挫したというのも説得力がありますね。
      しかし、一度計画が上がっていたのなら、その後も何度も持ち上がってもいいはずなのに…!
      日本人は「耐え忍ぶ」ことが好きなのだろうか、としか思えてこないこの頃です。

  • 岐阜県飛騨地方という極寒出身者ですが、サイトを読んで少し考えてみました。
    まず、家全体を温めるなんて贅沢という考えがあるからだと思いました。
    で、この「贅沢」の根本的な部分がどこから来るか考えたのですが、日本人にとって「冬」や「寒い」はネガティヴなイメージが少ないどころか、幸福に直結してるからではないでしょうか?
    例えば、「冬といえば?」の答えは「こたつにミカン = 極楽極楽」とか、
    寒くなってきたねぇ~=鍋のうまい季節だねぇ~=極楽極楽
    出先で体が冷え切った=温泉によっていこう=極楽極楽
    同じく=帰りにおでんと一杯
    正月=おせちりょうりに雑煮=極楽極楽
    などなど、寒い=対策=極楽極楽となってるので、寒い=極楽となるんじゃないでしょうか
    なので、寒い=温める。という感覚はあっても今すぐとか周囲全体とかじゃなく、あれが極楽、これが極楽となってるんじゃないでしょうか。
    言い換えれば、使わない場所を温めて無駄金使うなら温泉行ったほうがいいじゃん。とかなるのでは?
    もし、この時期に外国人が来て「寒い」と言われても、部屋を温めるって考えるより先に、じゃ鍋にするか、うどんにするか、温泉行くか。などが連想されて感覚がズレるんじゃないかなぁ
    と思った次第です。長文失礼(推敲してないので文章がおかしかったらゴメンなさい)

    • 「使わない場所を温めてムダ金使うなら温泉」←まさに私の実家(というか、私と母)がそれです(笑)。
      自然と家族が居間(=唯一暖めている部屋)に集まって団らんもできるので、一石二鳥だと思っていた程です。
      「贅沢」と考える「節約志向」も日本人独特なのかもしれない、とポーランドに住み始めてより強く感じるようになりました。
      冬が来るたび、我が家のポーランド人による日本の家の寒さのディス大会が始まるのですが(笑)、他のポーランド人に日本の事情を一生懸命説明しても、肩をすくめて首を左右に振られるだけで、全く理解不能の模様。
      寒い時に暖かいものが極楽と結びつく考え方も日本人には「だよねー」と納得できますが、ヨーロッパ人には「何をわざわざ苦労を買ってまで?何の我慢大会?」と言われるのがオチなので、分かり合える日はやってこないと思っています…。
      ただ、なんだかんだ言って、最終的には暖かい家がいい、とは思っています(笑)。

  • アメリカに住んでいますが、こちらでもセントラルヒーティングが普通です(各家にそれぞれ付いています)。
    お湯を循環させるタイプではなく、暖かい空気を出すことの方が多い印象ですが。(寒い地域や古い家ではたまにお湯タイプも見ます)
    北海道では家を暖かくしている所が多いですが、廊下は寒い家も多いと思います。
    窓のサッシもこちらでは樹脂が多いですが、日本では未だアルミですよね…
    建築関係に勤めていた事がありますが、皆今までと同じ家を建てるのが当たり前だと思っていて、セントラルヒーティングなんて思いつきもしていない風でした。

    ちなみに北海道での暖房費は月2〜3万程(灯油)でしたが、こちらでの暖房費は7000円程(戸建て・ガス)ととても安いので、本当にセントラルヒーティング、日本に欲しいなと強く思います。

    • はじめまして。コメントありがとうございます。
      やはりアメリカもそうですか。一度セントラルヒーティングになれると、戻れなくなりますよね…。
      毎月の費用がそれくらいなら、普及しているのも納得です。

      こちらも古い家以外は樹脂の窓枠に2重ガラスが普通です。不動産情報にも窓の種類が必ず書いてあるのですが、部屋の寒さがこれで変わってくるから大事なチェックポイントの一つなのでしょう。あと、近年建設された建物は必ず断熱材を壁に施工しないと建築許可が下りないらしく、壁から伝わる寒気も大分防がれています。我が家の近所では古い建物のリノベーションブーム(?)中で、あちこちで断熱材を壁に貼りつけて外壁を直す工事が行われています。あるとないとでは全然違うのだとか。

      日本でセントラルヒーティングにした場合、熱源をどこから持ってくるかによると思うのですが、いずれにしてもお金がかかりそうですよね。お金がかかることは普及しづらいだろうなぁ、と。よほど極寒でない限り寒さを我慢する人が(私を含め)多そうですし。

      温泉地なんかは温泉水を循環させて暖房に生かせないのだろうか、と既に誰かが考えているであろう疑問が湧いて仕方ありません。

      来世には日本で普及していますかね、セントラルヒーティング…

  • アメリカに住んでしました。外はマイナス15度でも部屋の中では半袖ハーパン。日本でセントラルヒーティングが普及しない理由は住宅の機密性の低さだと思います。実際にアメリカの建築を見学に行かれた大工さんに話を聞きました。北米や北欧では住宅の機密性を表す数値「C値」が0.7〜0.9を下回らないように建築するはずです(値が低いほど機密性が高い)。しかしながら関東地方での基準はC値5.0だったかな?住宅が隙間だらけなのでセントラルヒーティングを導入しても熱が逃げると同時に外からの冷気が流れ込みます。ようは効率が悪い。だったら機密性の高い家造ればいいじゃない?とほとんどの人は考えるのですが、機密性の高い家を作れる腕のいい大工さんがどれだけいるかと言う話です。ハウスメーカーはこの真実をあえて表に出さずに高断熱を主張します。なぜなら高断熱であれば大工さんの腕に左右されないからです。メーカーは株主の手前かなりの棟数の家を建てて利益を出さなければいけないので、腕のいい大工さんばかりと契約して高気密住宅をウリにしていると同業他社との売上げ競争に勝つことができません。そこでマーケティング戦略によって高断熱を前面に押し出してそれをウリにして利益を上げ続ける訳です。冬のヒートショックや夏の熱中症を考えると、現代の日本では「加湿機能付きの全館空調を入れる」か「冬はセントラルヒーティング、夏は全館空調」というのが理想ではないでしょうか?もっとも、高気密高断熱の住宅を建てることが前提ですが・・・

  • 日本の気温や天気、天災、は他の国と比べ標準。
    短く言うと、1年で、暑い、寒い、湿気、乾燥。
    基本、日本はエアコンですね。

    家庭による、個人による、の考えで金銭を安くする為にその他家電を別々に使うのでしょう。

  • 泊村 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください